ブランド品の簡単なクリーニング

靴や鞄をきれいにする方法

ブランド品を高値で売りたいのであれば、クリーニングは欠かせません。美しいものとそうでない場合では、圧倒的に前者の方が印象が良いからです。ただし、どのような商品かによってお手入れ方法が違ってくるため、それぞれに適したやり方を頭に入れておきたいものです。
まず、靴や鞄の清掃ですが、とにかく換気が大切です。靴を履いた後は足から出た汗が染み付いていますし、鞄は内部に熱がこもりやすいです。放置するとカビが生えるため、使用したら必ず日陰で風通しが良い場所に置いておきましょう。それが無理なら市販されている乾燥剤を入れておくのも良い方法です。表面についた埃や砂は、ハケなどで払います。革製品なら専用のクリームを塗っておくと、汚れがつきにくく、ひび割れを防げます。

宝石や腕時計の場合は

直接肌に触れるもののため、どうしても皮脂がついてしまいます。放っておくと見栄えが悪くなるのはもちろんですが、やがて専門家にクリーニングを依頼しないといけない状態になります。それでは費用がかかってしまいますから、日頃からこまめに拭いておくのが無難です。
その際に気をつけておきたいのは、あまり古いタオルを使わないという点です。宝石を固定している爪などに繊維が引っかかり、破損させてしまう恐れがあるのです。そこで眼鏡を拭く時に使うクロスを購入しておくと便利です。
もしも拭いただけではきれいにならないなら、ぬるま湯に浸してみましょう。すると固まった皮脂が取れやすくなります。それでも駄目なら中性洗剤をつけて軽く擦ってやると、たいていの汚れは取り除けます。